最新情報 写真

ホーム > 最新情報 > 七五三お祝い会

七五三お祝い会

2017/12/06

11月14日に七五三会を行いました。本当は15日だけれど、給食の日に合わせて一足お先にお祝い。

七五三ってどんな日?という問いかけに、「千歳飴がもらえる日!」と元気に答えた子どもたち。おいしい飴をもらうのが楽しみなようでニコニコ。

七五三は、子どもたちの成長をお祈りする日。3歳、7歳に女の子。3歳、5歳に男の子をお祝いします。

3歳は「髪置」といって、病気予防のために剃っていた髪を伸ばし始める儀式。乳児から幼児への節目の祝いです。 5歳は「袴着」(着袴) といって、初めて袴を着ける儀式。幼児から少年への節目の祝いです。 7歳は「帯解」(帯直/帯結/紐解/紐落) といって、三つ身の着物&付け帯(付け紐)から四つ身の着物&普通の帯へかえる儀式。幼女から少女への節目の祝いです。

なるほどーといってもいまいち想像がしにくいかな。昔の服は、成長に合わせて変えていっていたんですね。

さて、七五三の由来が分かったところで、お祝いの給食です。今日はいつもと違ってお赤飯や紅白のだんご、紅白の揚げ物などお祝いの色がたっぷり。おいしくてうれしくてたくさんおかわりをしました。

七五三のお祝い

そして、みんながたのしみにしていた千歳飴。千歳飴は、あめのように粘り強く、長く生きますようにというお願いを込めて食べるんです。

もちろん、それを入れる千歳飴袋も自分でつくりました。亀や鶴といったお祝いの動物や、着物のような柄の折り紙を貼って、世界に一つだけの千歳飴袋が完成。

七五三のお祝い

七五三のお祝い

七五三のお祝い

中に紅白1本ずつの飴を入れてもらって、大事に抱えて帰りました。

先生も家族も、みんなが一人一人の元気な成長を願っています。