最新情報 写真

ホーム > 最新情報 > あおぞらの畑活動

あおぞらの畑活動

2017/07/25

あおぞら幼稚園では、園舎のすぐ横に庭があり、畑やバケツ田んぼで色々な種類の野菜や稲を育てています。畑活動を通して、自然と豊かに関わることや、食べ物への興味や感謝の気持ちを持つことをねらいとして、子どもたちは楽しみながら活動をしています。

稲の栽培

毎年、バケツ田んぼで稲を育てています。日本人の主食である米が育つ過程、収穫した後に白米、ご飯になるまでの過程を身をもって体験していきます。5月22日は、皆で田植えを行いました。お米の赤ちゃん(稲の苗)は天津のとあるお米博士から分けていただきました。2~3人でバケツを囲み、お米の赤ちゃんの根元をそーっと優しく持って、泥の中へ、ぎゅっー!子どもたちは初め、泥の感触が気持ち悪そうでしたが…、だんだん面白くなってきて、もっと、もっと!と次々に田植えしていきました。大きくなりますように!とおまじないをかけました。

あおぞらの畑活動

あおぞらの畑活動

そして7月。こんなに大きく育っています!責任を持って、楽しみながら、水遣りやお世話をしていた甲斐があります。年少もも組さんの背丈を越えるまでになりました。これから秋にかけてたくさんの実りがありますように。

あおぞらの畑活動

野菜の栽培と収穫

年中ばら組さん、年長さくら組さんを中心に、雑草取りや小石拾い、土の耕しといった畑の土づくりから参加し、野菜の種まきをしました。

あおぞらの畑活動

あおぞらの畑活動

年中ばら組さんが種まきした中国のお野菜、小白菜(しゃおばいつぁい)は日本の小松菜に似ています。たくさん芽が出て畑の中で小白菜がきつそう。
もっと大きくなるように…と間引きの意味を理解して間引き、間引いた小白菜をゆでて食べました。

あおぞらの畑活動

5~6人の異年齢のグループがあり、毎日交代で水やり当番をしています。グループ全員で声を合わせ「水やり当番行ってきまーす!」と毎朝畑に繰り出し、お世話をして大切に大切に育てています。そしていよいよ収穫です。おおきなたらい2つ分と沢山収穫できて子ども達は大興奮。

あおぞらの畑活動

あおぞらの畑活動

あおぞらの畑活動

茹でてめんつゆと鰹節をかけて頂きました。自分で作ったお野菜の味は、何とも最高です。野菜が苦手なお友達も嬉しそうに食べて、お皿はあっという間に空っぽでした。

年長さくら組さんが種まきをした、レタスとルッコラとバジル。レタスは最初なかなか芽を出さずに心配していましたが、愛情こめてお世話した甲斐あり成長しました。お泊り会の夕食にレタスとルッコラはサラダに、バジルは手作りピザに乗せて食べました。ルッコラは苦みがあって大人の味、レタスもバジルもとっても美味しかったです。

あおぞらの畑活動

年少もも組さんが種まきをした枝豆は種まきした後、ぐんぐん大きくなりました。「芽がでたよ!」「大きくなったよ!」と目を輝かせ枝豆の成長が嬉しくてたまりませんでした。はさみで慎重にチョキンと切って収穫し、皆で分けて美味しくいただきました。

あおぞらの畑活動

他にも、ミニトマト、きゅうり、ナスを種まきし、育てています。収穫は夏休みの後になりそうです。夏休みが終わって幼稚園に戻ってきたら、どんなに大きく成長しているか、とても楽しみです。大きく、美味しくなりますように!