最新情報 写真

ホーム > 最新情報 > お泊り保育

お泊り保育

2017/07/25

7月の7、8日に一泊二日で年長さくら組のお泊り保育を行いました。

みんながずっと楽しみにしてきた、年長さんならではの大きなイベント。家族と離れてお友達と一緒にお風呂に入る、幼稚園に泊まる、ドキドキの初体験です。

6月に入ってから「ご飯は何をつくろうか」「デザートは何にする?」「夜は何をしようか」と自分たちで計画をたてました。「去年はピザを作ったんだって!」という情報から、ピザをつくりたい、とやる気満々の子どもたち。ほかにはハンバーグとポテトに、プリンも食べたいね、スープはわかめの味噌汁がいいな、畑の野菜をとってサラダも食べたいね、と盛りだくさんのメニュー。朝ご飯は多数決でパンケーキになりました。

夜はゾンビごっこがしたいね、肝試しもいいよ、でも怖いし宝探しもいいな、、、と大盛り上がり。結局宝探しをすることに決めました。

いつもはお母さんが手伝ってくれることも、この日は自分たちで頑張ろう!という、自立への一歩を踏み出す大切なねらいもあります。自分たちで絵を描いた“おとまりほいく の しおり”に、お泊りの目標を一人一人書きこみました。「おりょうりを がんばる」「あさはやく おきる」「たからさがし ちゃんぴょんになる」など、意気込みも様々。そして、持ち物をみんなで相談して書き込みました。お泊りの準備だって自分でします。しおりを見ながら自分たちで荷物を詰めました。

いよいよお泊り保育前日。この日は九河構内のコンビニで、お料理で使う野菜や牛乳などをお買い物。たくさん買って重いなあと言いながらも、みんなで手分けして持ちました。

お泊り保育

そして畑でサラダ用のレタス、ルッコラとピザに乗せるバジルを採りました。朝雨が降っていたこともあり、たくさんカタツムリをみつけてはしゃぎながら、泥だらけになって収穫しました。どんな味がするのかなあ。

お泊り保育

そして、みんなで一足先にデザートのプリンづくりをしました。丁寧に型に流し込み、幼稚園の冷蔵庫に入れました。おいしくできるといいなあ。

お泊り保育

そして迎えたお泊り保育当日。朝からピザの生地をコネコネ。
それから、ハンバーグの肉だねをコネコネ。

お泊り保育

昨日のプリンは固まったかなーと、少し覗きにも行きました。帰る前にピザ生地ものぞくと、ふしぎ!!!すごく大きく膨らんでいました。おいしそう、楽しみ、とワクワクしながら3時に一旦降園して、休憩と準備です。
5時になってまた幼稚園に集まった子どもたちは、大きな荷物を背負って、どきどきワクワクが混ざったお顔。送りに来た親御さんの顔にも、不安や緊張したような表情が。
幼稚園の中に入って大興奮の子どもたち、まずはお部屋にベッドを見つけてジャーンプ!!シーツがぐちゃぐちゃになるのも気にせず、トランポリン大会が始まりました。

お泊り保育

でも、いつまでも遊んでいるわけにはいきません。夜ご飯を作らないと!
ふくらんだピザをそれぞれで薄くのばして、好きな具材をのせました。粘土のように伸びるピザが面白くて、たくさんつくりました。

お泊り保育

そして、ピザをオーブンで焼いている間にハンバーグづくり。「先生たちの分も作るよ!」「何の形がいい??」と、張り切ってたくさん作ってくれました。それをホットプレートで自分たちで焼きました。

お泊り保育

できあがったハンバーグとピザを、サラダを盛り付けたお皿にのせて準備完了。ポテトとみそ汁ももちろんあります。盛りだくさんのお皿を目の前に並べ、みんなでいただきます!

たくさんおかわりしてモリモリ食べました。

お泊り保育

食事のあとは楽しみにしていた宝探し。全員で見つけた指令に沿って移動したり、早口言葉を言ったり。どこかで見たような顔の“アロハおじさん”は子どもたちに大人気でした。賞品として、素敵なノートと消しゴムをゲット。大事にカバンにしまいました。

宝探しのあとは入浴タイム。泡のお風呂に大興奮で、少し不安になっていた子もハイテンションでバタバタしたり泡を飛ばしたり。

お泊り保育

お風呂のあとは、手作りのプリンを食べました。冷え冷えプルプルでおいしい~。ニコニコでまたお部屋に戻り、またベッドでぴょんぴょん。だんだん疲れてきてあくびをする子も見られ、寝る準備。幼稚園にあるぬいぐるみを一つ選んで、お友達と雑魚寝。ほとんどの子がすぐに眠りました。なかなか寝れなかった子も気づけば熟睡。

お泊り保育

朝目が覚めたら、顔を洗って朝食の準備。みんなでペットボトルをシャカシャカ振って、バターを作りました。その手作りバターと甘いシロップを焼きたてパンケーキにのせて、いただきまーす。たくさん食べました。

お泊り保育

食べ終わって歯を磨くと、だんだんとお泊り保育の終わりの時間が近づいてきました。みんなでシーツをたたみ、ベッドを運んでお片付け。

「もう一回泊まりたい!」「楽しかった!」と、ニコニコ顔の子どもたち。先生たちにお礼を言って、作りすぎてしまったお土産のピザと一緒にお母さんのもとへ。

お泊り保育

帰り際の子どもたちの満足そうな顔と子どもたちからのハグで、胸いっぱいでした。不安とワクワクで迎えたお泊り保育。
一晩お友達と過ごして、団結力も増したようでした。この経験が素敵な思い出として残るよう願っています。