最新情報 写真

ホーム > 最新情報 > 春節の餃子づくり

春節の餃子づくり

2017/02/01

1月25日に、毎年恒例の餃子づくりを行いました。中国では旧正月のことを春節と言い、家族が集まって盛大にお祝いをします。街の至る所に赤や金の色鮮やかな飾りがされ、とても賑やかな雰囲気です。

春節の食べ物と言えば、餃子。どうして餃子かというと、餃子の形が昔の中国の貨幣の形に似ていて縁起が良いからだそうです。また昔は餃子がとても贅沢な食べ物で、普段は食べられず、1年で1番重要な春節のお祝いの時に頂いていたのだそうです。

あおぞら幼稚園のお友達も、そんな中国文化に親しみながら、餃子づくりを楽しみました。中国人先生が、包み方を丁寧に教えてくれました。

子どもたちにとっては、餃子を包むのって、結構難しいんですよね。具の量の加減、きっちり閉じる、破けないように、ひだを作る。小さな学年のお友達は、餃子づくりを手遊びにして予習していたので、本番でも歌を歌いながら雰囲気を楽しんでました。学年が上がるにつれて、上手な餃子ができていきましたね。中国人先生にも、「上手!」と褒められて嬉しそうでした。

春節の餃子づくり

春節の餃子づくり

「餃子、餃子、うれしいな~♪」と昼食のご挨拶の歌も餃子バージョンでみんなニコニコ。頂きまーす!

春節の餃子づくり

水餃子に焼き餃子。どっちも美味しい!!

おかわり、おかわり、お家から持ってきたお弁当もきれいに食べて、もっとおかわり!

春節の餃子づくり

皆で作って、ニコニコ楽しさの中での食事は、食欲がいつもの何倍も出ちゃいますね。20個以上食べたよ~!というお友達も何人かいるほどで、460個ほどの餃子はあっという間に皆の胃袋の中なのでした。