九河あおぞら幼稚園 写真

中国・天津にある日本人駐在員の皆様に安全で快適な幼稚園

天津において、外国人(特に日本人)駐在員の皆様に安全で快適な住環境を提供する目的として、1998年5月に九河国際村が開業されました。その後、九河国際村と私どもJOBAとの提携により同年12月にスタートしたのがこの「九河 あおぞら幼稚園」です。

お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!

10月27日(金)に毎年恒例のハロウィンを行いました。当日は天候が良くなかったので、外で行う予定を変更し、九河国際村の構内をお借りしての仮装行列でした。保護者の方々、九河の総経理、JOBAの先生など、たくさんの人が子ども達のためにお菓子を用意して下さって、ばっちり仮装して一緒に参加してくれました。(お菓子のご協力、ありがとうございました)

園児たちは、この日の為に一人一人が憧れのなりたいものを決め、廃材を利用し衣装を製作しました。年年少ひよこ組、年少もも組ではほとんど先生が作っていますが、年中ばら組さん、年長さくら組さんと学年が上がるにつれて、自分で作る度合いが増して、さくら組さんはほとんど子ども達が作った力作です。すごいですね~!

廃材を使う理由は、様々な素材に触れ製作を楽しむこと、また環境保護やリサイクルの考え方に興味を持つきっかけになればという願いを込めているからなんです。

ハロウィンならではの魔女やかぼちゃお化け、テレビのキャラクターやアイドルなど、手作り衣装で憧れのものに変身した子ども達は、大きな袋を持って興奮しながら、さあ仮装行列のスタートです。

仮装したお母さん達に「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」と大きな声で言って、お菓子を頂きました。みるみるうちに大きな袋がお菓子でいっぱいになってニコニコです。

ハロウィン

>> 続きを読む

あおぞらようちえん運動会 2017年

園児も、保護者の皆様も、待ちに待った運動会。

9月23日(土)に九河国際村の体育館にて、開催しました。

2学期が始まって約1か月の間、運動会に向けて、頑張ってきた園児たち。九河あおぞら幼稚園の運動会は、園児が競技に出るだけではなく、年長さくら組さんが中心となって開会式や閉会式の司会をしたり、小さな学年のお友達のお世話をしたり、応援合戦の内容を決めたりと運営に関わる様々な役割をしています。また、全園児で行う競技がとても多く、子ども達は休む暇があまりなくちょっと大変ですが、その分やりがいがあり、また保護者にとっても見どころ満載な運動会です。

2017年、今年の運動会もまた園児の笑顔と頑張りが詰まった素晴らしい運動会になりました。その様子をお伝えしていきます。

>> 続きを読む

親子遠足

国慶節明けの10月13日(金)、天津開発区にあるヤクルト工場に親子遠足に出かけました。

みんなの日頃の行いが良いこともあって、当日は絶好の遠足日和!

親子遠足

>> 続きを読む