九河あおぞら幼稚園 写真

中国・天津にある日本人駐在員の皆様に安全で快適な幼稚園

天津において、外国人(特に日本人)駐在員の皆様に安全で快適な住環境を提供する目的として、1998年5月に九河国際村が開業されました。その後、九河国際村と私どもJOBAとの提携により同年12月にスタートしたのがこの「九河 あおぞら幼稚園」です。

ご卒園 おめでとうございます

3月11日、卒園式。

あおぞら幼稚園の10名の仲間が、巣立っていきました。

年長さくら組10名のうち6名のお友達が、卒園後は天津を離れて日本の小学校へ行くことが決まりました。卒園の日が近づくにつれて、寂しい気持ちが大きくなっていった子ども達。卒園式の練習中に想いが溢れて涙するお友達もいましたね。

こんな気持ちになれたのも、あおぞらで過ごした大切な思い出があり、大切な仲間がいたからです。子ども達に贈った言葉…

「離れていても ずっと友達」

全員で丸く輪になり、手をつないで一緒にこの言葉を言うと、心がとっても強くなりました。寂しい気持ちがぐっと軽くなりました。

式では、いつもと違う雰囲気を感じ、緊張気味でしたが、一人一人大きな声で「ありがとうございます」と言って立派に卒園証書を受け取ることができました。

ご卒園 おめでとうございます

(続きを読む...)

ひなまつり会

女の子の健康と幸せをみんなでお祝いする日。

3月3日は「ひなまつり」といって女の子のお祝いをする日です。女の子がいる日本のお家では、お雛様や桃の花を飾っています。男の子も5月5日の子どもの日に、みんなでお祝いしましたね。ひなまつりや子ども日は、子ども達が大きくなったことに「ありがとう」と言って、これからも病気になったり怪我をしたりしませんように、とお願いする日です。男の子も女の子も一緒にお祝いしようね。

ひなまつり会

(続きを読む...)

マラソン大会

冬、2月の寒い季節に「マラソン大会」という行事があります。

子ども達は、この日のために11月から毎日のようにマラソンの練習を重ねてきました。空気の良い日は戸外で、きれるような寒さの中、鼻の頭を真っ赤にして白い息を吐きながら、みんな一生懸命走りました。寒いけど暖かい部屋に帰った時がとっても嬉しかったね。

当日空気があまり良くなかったため、体育館で時間短縮での行事決行となりました。年少は8分間、年中と年長は10分で何周走れるかを課題に、ひとり一人が目標を持ち、張り切って参加しました。みんなの気持ちが「えいえいおー!!」の気合いに込められていました。

マラソンを頑張り、終了後は「認定書」(何周走れたかを記載してある)をもらい、子ども達の得意げな、満たされた顔に嬉しくなりました。

そしてママ達の応援もとても心強かったです。子ども達と一緒に走ってくれて、かっこ良かったです。子ども達は嬉しそうで、お汁粉も一緒に笑顔で食べました。

年少もも組は……走りたーい!気持ちは絶好調で、みんなで気合いを入れて、いざスタート!

走るの、だーいすき!と言いつつ、時には「疲れたあ~」時には「もうやめよ」の声もありましたが、最後まで力いっぱい走りきることができました。バンザイ!!

マラソン大会

(続きを読む...)