あおぞら幼稚園 写真

最新情報

お仕事探検

日本の祝日「勤労感謝の日」は、「みんなのために働いている人に感謝をする日」ですね。

あおぞら幼稚園でも毎年、九河国際村の中でお仕事をしているスタッフの方たちの所へ探検に行って、子ども達が全クラスの共同作品をプレゼントし、日ごろの感謝の気持ちを伝えています。今年は九河にあふれる木々を表現しようと、木の形のペン立てを制作しました。

いろんなお仕事があることを知り、興味を持つこと。それから沢山の人が働いているおかげで、みんな安心して暮らせることに気づき、感謝の気持ちをもちましょう。

いつもお仕事をしてくれている人に「ありがとうございます」ってお礼の気持ちを伝える日です。みんなの周りには、どんなお仕事をしている人がいるかな?スーパーや駅で働いている人、園や学校の先生。みんなのパパやママにも「ありがとう」って伝えようね。

年少もも組、年年少ひよこ組は、「辛苦了、謝謝」(お疲れ様です。ありがとう。)と、みんなで伝えました。勤労の意味をしっかりと受け止めた児は、毎日お掃除の方に「ありがとう」を言うようになったそうです。

年中ばら組はハウスキーピング、バスドライバー、工程部さんの所へ行き、元気に中国語の「工作、辛苦了。謝謝。」(お仕事、お疲れ様です。ありがとう。)と、日本語で「いつもお仕事してくれてありがとう。ペン立てです。使ってください。」と伝えました。スタッフの方たちが、とても優しい笑顔で子ども達に向き合ってくださったのが印象的でした。喜んでもらえて良かったね。子どもたちも嬉しそうにしていました。

お仕事探検

お仕事探検

お仕事探検

年長さくら組は、日ごろ接することが多い総経理の仕事が、具体的にどんなことなのかを質問しました。

九河の住民が安心、安全に暮らせるような配慮や、クリスマス、夏祭りなどの行事をいろいろ考えたり準備をしたり…等聞くことができました。

総経理の部屋に初めて入るワクワク…で、静かにお話しが聞けたようです。保安室へ行ったら防犯カメラの映像に興味を持ち、又いろいろ質問しました。その仕事について身近に感じ、「あっ、こんなところにも!」と九河内の防犯カメラ探しも始まり…、楽しみながら「仕事」についての気づきを得て、日頃の感謝の気持ちも伝えることができました。

七五三会

七五三は子どもが成長したことを喜び、これからも元気に大きくなりますように、と願う日。

七五三って何かしら?みんなは生まれてから一歳、二歳、三歳…と、どんどん大きくなってきました。お家の人は、みんなが元気に大きくなってくれることがとても嬉しいのです。三歳、五歳、七歳の時に特別にお祝いします。そして「これからも病気やケガをしないで過ごせますように」と、神様にお願いする日なんです。

3歳→おしっこが一人でできるようになった頃。お話しが上手になって、ちょっぴり我慢もできるようになりますね。

5歳→自分でできることが多くなって、友達とも仲良く遊べるようになりますね。

7歳→小学校1年生。みんなは1年づつ成長しています。

千歳飴っていう長い飴は七五三のお祝いの時に頂けるものです。どうして長いかっていうとね、子ども達がすくすく背が伸びて大きくなりますように、病気やケガをせずに、ずっと長生きしますように、という願いが込められているからです。

千歳というのは「1000年」という意味。子どもが健康で長生きをして、幸せに暮らせますように、という願いなんです。

七五三会

七五三会

七五三会

七五三会の給食は、紅白の白玉や海老が入ったお吸い物や、お赤飯、魚と蓮根のフライやサラダなど、いつもとちょっぴり違うお祝い給食でした。おいしかったね!

七五三会

家族、先生たち、日本や中国という国、みんなが一人ひとりの成長を願っています。

お遊戯会

11/12に「友達と一緒にイメージを豊かにし、歌ったり演じたりして表現することを楽しむ。家族や友達に見てもらうことを喜ぶ。」ことをねらいとし、子ども達がずっと楽しみにしていたお遊戯会が行われました。

幼稚園全園児による劇は「金のがちょう」、各クラスの個性を生かした素敵なお遊戯、あおぞら幼稚園恒例の「よさこいソーランロック」と、オープニングには「たのしいね」、エンディングには「みんなでつくろう」をみんなで歌いました。

おゆうぎかい

おゆうぎかい

おゆうぎかい

おゆうぎかい

おゆうぎかい

《年少もも組、年年少ひよこ組》

子ども達と一緒に、一人ひとりのリズムを大切にお遊戯をつくりました。男児は「新幹線でゴーゴゴー!」で運転士さんになりきって、元気に走り回っていました。始めは早すぎる新幹線で、舞台からいなくなっていまししたが、練習してかっこいい運転士さんになることができました。女児は「プリンセス・プリキュア」です。各自のプリキュアへの思いがありましたが、声をかけたりアイコンタクトをしたりして呼吸を合わせられるようになり、6人でプリキュアをつくりあげられました。

「金のがちょう」には入り込んで、年中ばら組をお手本にして、一緒に楽しく王様の家来やこびとさんになることができました。出演していない時も年長さくら組の歌の応援をして、劇に参加しました。

歌の時は振り付けを頑張ったため、口は(歌は)お休みしがちでしたが、心の中では歌っていました。

「よさこい…」では上手に前後移動ができました!

全部を通して、劇やお遊戯や歌など…いろんな順番並びがあって大変でしたが、やり遂げる楽しさを味わいました。劇ではのびのびと堂々と、楽しんで頑張り、たくさんの拍手と声援が大きなご褒美になりました。

おゆうぎかい

おゆうぎかい

《年中ばら組》

いよいよお遊戯会。嬉しいね。ドキドキするね。緊張しているドキドキは、心から出しておにぎりにして「はー!それー!」とお外に投げて…楽しい気持ちをハートにして心の中にグイグイっと入れました。みんなが楽しくて、「よし、頑張ろう」っていう気持ちになり… 心が楽しい時って顔もにこにこして、良い姿勢になって、元気できれいな声がでますね。

みんなに一生懸命な気持ちや楽しむ気持ちがあれば見ている人にもちゃんと伝わる。大丈夫!

お遊戯は今まで繰り返し楽しんできた遊びを取り入れました。男児は「あそぼう」。3人だけですが、楽しそうに動きまわっているのでお客さんから手拍子もおこり、一緒に遊びたくなるようでした。女児は「アララの呪文」。最後のポーズは自分達で決めました。かわいさいっぱいで、歌いながら笑顔があふれ、見ている子ども達も一緒にのっていました。幕が開く前には円陣を組んで「ばら組さん、頑張るぞ、エイエイオー!!」と元気な声で笑顔の気合い。楽しみにしていたお遊戯をみんなに見てもらえました。

劇ではもも・ひよこ組を先導しながら、王様の兵隊を、迫力ある元気で男児が演じ、かわいいこびとを、ピョコピョコと女児が演じ、「ソーラン…」では正座の練習を頑張ったかいあり、かっこよくご挨拶ができました。子ども達の成長をたくさん感じて頂けたと思います。年中の時期は、見せるためというよりも、友達や先生と一緒に楽しみ、その中で自分を表現することを大切にしています。いつもと違う雰囲気の中で、みんな一生懸命頑張りました。

おゆうぎかい

おゆうぎかい

《年長さくら組》

さくら組は音楽劇の演目決め、配役決め、お遊戯の曲決めの話合いから始まりました。友達を説得しようとしたり、涙ながらに譲ったりして、意見の違いがある中で1つのことを決めていくのには時間がかかりましたが、とことん話し合う中でお友達の気持ちに気づいたり、譲ってくれた友達の分まで頑張ろうという思いになれました。「金のがちょう」で使用する大道具の木や、小道具のがちょうも、力を合わせて作りました。さくら組の役の部分の振り付けや劇の動き等もアイディアをたくさん取り入れました。タイミングに合わせてセリフを言うのが難しかったけど、楽しみながら練習を重ねました。本番、劇はお遊戯会の初めの方だったので、緊張の面持ちでしたが堂々と演じ切ることができました。

男児お遊戯はSMAPの「SHAKE」。女児お遊戯はSPEEDの「ALL MY TRUE LOVE」。子ども達はそれまで知らなかった曲ですが、保護者の方々はご存知で、家で親子一緒に口ずさみながら練習していたようです。本番は手拍子の応援で、のりのりに踊ることができました。

幼稚園最後の遊戯会で、大勢の人を前にして堂々と歌ったり踊ったり、司会をしました。子ども達の思いやアイディア、練習した成果が詰まったお遊戯会で、一人ひとりが自信をつけることができました。

おゆうぎかい

おゆうぎかい

他にも、かっこいい天津日本人学校の小学1、2年生が、とても上手な「気球に乗ってどこまでも」「にじ」を元気に歌ってくれたり…(もちろん、あおぞら幼稚園の卒園生が何人もいるのですが、素敵なお兄さん、お姉さんに成長していて感無量でした。)全園児のママ達が「大きなカブ」を演じ、「とまとっと…」「365日の紙飛行機」優しい笑顔で歌ってくれたりで… 本当にみんなの協力で素敵なお遊戯会になりました。この日のために練習してくれたり、応援してくれたり…心から感謝下さい。

おゆうぎかい

おゆうぎかい

各演目の前と、開会、閉会の挨拶はさくら組とばら組全員が行いました。

練習した甲斐があったね。はっきりと伝えることができました。

おゆうぎかい

おゆうぎかい

こども達はやる気いっぱいでした。劇をしたり、踊ったり歌ったり、みんなとても上手になりました。毎日みんなが楽しそうにやっているのを見ると、ウキウキ嬉しくなりました。みんなの元気で楽しそうな様子を、お家の人に見てもらいたいと思いました。笑顔で見守って頂き、大きな拍手をありがとうございました。かわいい姿を楽しんで頂けたと思います。

おゆうぎかい

おゆうぎかい

おゆうぎかい

おゆうぎかい