九河あおぞら幼稚園 写真

中国・天津にある日本人駐在員の皆様に安全で快適な幼稚園

天津において、外国人(特に日本人)駐在員の皆様に安全で快適な住環境を提供する目的として、1998年5月に九河国際村が開業されました。その後、九河国際村と私どもJOBAとの提携により同年12月にスタートしたのがこの「九河 あおぞら幼稚園」です。

母の日参観

5月6日、あおぞら幼稚園では母の日参観を行いました。

事前に朝の会で「お母さんのどんなところが好き?」「おうちでどんなお仕事を頑張ってる?」ときくと、みんな嬉しそうにいろいろな答えを返してきました。

そんな優しくて大好きなおかあさんにプレゼントを渡すことに決め、準備を始めた子どもたちでした。

母の日参観当日。

年少もも組はお母さんが来るのが待ち遠しく、玄関でお母さんを待ち構えていました。「ようこそ、いらっしゃい!」

母の日参観

>> 続きを読む

お花見ランチ

4月15日、入園式から間もないこの日、楽しみにしていたお花見ランチを行いました。前日、年長さくら組さんは、九河構内をお散歩しながら、お花見ランチの場所決めです。最初は意見が割れたけど、なんとか解決。当日は大きなシートを敷くという準備をして、年中ばら組さんや年少もも組さんを案内してくれました。これからは僕たちがさくら組なんだ!と大張り切りです。

お花見ランチ

>> 続きを読む

入園式

4月13日、新しくあおぞら幼稚園に入園するお友達を迎える入園式を行いました。

お母さんと離れて初めて園生活を体験する年少組のお友達、それに日本から天津へ引っ越ししてきたばかりで、日本の幼稚園から転園という形で来てくれた年中・年長のお友達。加えて年度途中から年年少クラスに通っていたお友達も、年少組進級に伴い一つの節目として入園式に参加しました。計12名のお友達が保護者・来賓の皆様・在園児・職員に見守られ、式に参加しました。

新入園児は保護者と少々離れ一番前の席へ。ドキドキ、ワクワク、ソワソワ…、嬉しいような、恥ずかしいような、不安なような…。新入園児も、保護者様も、様々な心持ちだったことでしょう。

式では、園長先生が幼稚園ってどんな所かを犬のワン太君と一緒に教えてくれたり、在園児が「幸せなら手をたたこう」の歌とお花のペンダントをプレゼントしてくれたりして、新入園児も保護者様もその和やかな雰囲気に次第に緊張がほぐれ、ニコニコ笑顔が増えてきました。

入園式

>> 続きを読む