あおぞら幼稚園 写真

最新情報

さくら組お泊り会

7月8日、9日に年長さくら組のお泊り会を行いました。

年長組ならではのビックイベント、お泊まり会。クラスのみんなと一緒に寝る!夜まで幼稚園にいる!そんな経験はお泊まり会でしかできません。そして送り出す親御さんにとっても不安や励まし、成長を見守るいろんな想いを味わうお泊まり会。

お泊まり会までの子どもの様子、「あと何回寝たらお泊まり会?」と楽しみにしている一方、「お母さんと離れて寝るの心配…」と本音を漏らす子もいて、心境は様々でした。家族と離れて寝るという経験がある子もいますが、初体験のお友達も結構いました。

お泊まり会に向けて、夕食と朝食のメニューを子ども達が相談して決めました。畑で育てた野菜を使ってお料理したいな!バジルがたくさん育ったから…とバジルチーズピザとバジルパスタを作ることにしました。他には餃子も作りたいな!そしてデザートは手作りのゼリー!

朝食は…好きなものを挟んでサンドイッチ。ホットケーキも食べたいな!畑で育てたリーフレタスのサラダも食べたい。

家族と離れての生活、たった一晩、されど一晩。いつもはお母さんが手伝ってくれることも、この日は自分の力で頑張るぞ!そう、自立への一歩を踏み出すという大切なねらいもあります。お泊まり会の持ち物はみんなで確認をしあって、忘れないように紙に絵と字で書き出しました。お家でその紙を見ながら自分で荷物を準備、確認。

そして迎えたお泊まり会当日。この日は午前中からお泊まり会の準備をして過ごしました。デザートのゼリーづくり。そしてピザの生地づくり。クラスの子のお母さんがピザ生地作りの先生をしてくれましたよ。

さくら組お泊り会

そして畑の野菜、バジル、リーフレタス、パセリの収穫、にんじんの間引き。みんなでこねこねしたピザ生地が膨らんで大きくなってるー!ふしぎー!?お昼を食べた後は、コンビニへお買い物!準備は大変だな~、でもわくわくする~!3時に一度降園し、休憩と準備。

5時。幼稚園の前で大興奮の子ども達…。いつもより大きなリュックやカバンをよっこいしょ!と担いで、お泊まり会にやってきました。いつもの保育室には寝る用のベットマットが置いてある!まずは皆でシーツを敷き。「みんな、ちゃんとやってー!」と子ども達同士で声を掛け合っていました。

さくら組お泊り会

そして食事づくり。
ふくらんだピザ生地を手で粘土のように伸ばし、好きな具をのせました。餃子は中国の先生直伝。春節の餃子づくりの時より包むのが上手になっている。

さくら組お泊り会

そしてバジルパスタのソースは材料をミキサーに入れて、
ガー!盛り付けて完成。いただきまーす。

さくら組お泊り会

みんなで作った夕食は最高です!!たくさんおかわりしました。

食事の後は入浴。男子と女子に分かれて…、泡風呂に大興奮!!体や髪を自分で洗うことだっておうちで練習していました。

さくら組お泊り会

それまでちょっとセンチになっていた子も、この泡風呂のお陰で「なんか楽しくなってきたー!!」とニコニコ。

さくら組お泊り会

お風呂の後は手作りゼリーを食べました。そしてなんとこの日、6歳の誕生日を迎えたお友達がいました。先日、その子がちょうどいない時にこの話題になると…、こどもたちから「お祝いのケーキ作りたいね!」と嬉しそうに話していて、じゃあサプライズしようかとなり、手作りゼリーにろうそくを立てみんなでお祝いをしました。

さくら組お泊り会

歯磨きをし終わったら寝る準備。お家から1つだけ選んで持ってきたぬいぐるみを嬉しそうに抱え、お友達と雑魚寝です。疲れてバタンキューのお友達もいましたが、うれしくって興奮冷めやらぬお友達、動き回ったり、おしゃべりが止まらなかったり…、消灯してからも寝付くまで結構長かったですね。それも良し!だって一度きりの特別な夜ですもの。12時にはすやすやで朝まで全員ぐっすり眠りました。

さくら組お泊り会

朝目覚めたら顔を洗って、朝食です。もりもり食べていました。そろそろお泊まり会終了の時間が近づいてきました。荷物を整理して、ベットマットを運んでお片付け。

さくら組お泊り会

お泊まり会の準備から当日までたくさんお世話をしてくれた先生たち一人ひとりに、きちんとお礼の気持ちを伝えました。「お泊まり会楽しかったねー!」「うん。また今日もやりたい!」「もうすぐお母さんに会えるー。」と友達同士でにんまり。帰り際の子ども達の満足そうな表情、この上ない喜びでした。

家族から離れてのお泊まり、ちょっと不安だったけど、勇気を出した。そしてお友達と過ごす間に不安が消えて楽しさが勝ったお泊まり会。この経験がどんな風に子ども達の心に刻まれていくのかな…、素敵な記憶として残ってくれたらいいな。そして、2学期からの残り少ない幼稚園生活をもっと楽しんでいくために、クラスが団結していく源になるよう願っています。

七夕会

七夕はお星さまに願い事をする日。お願い事を短冊に書いて笹に飾ると風に誘われて、とってもきれいです。お星さまも喜んで一人ひとりの短冊を見てくれることでしょう。みんなのおねがい事も伝わってきっと叶うでしょう。

七夕の由来を知り、星の世界に興味を持つことと、七夕飾りを作ったり飾ったりしながら、自分の思いやイメージを表現する楽しさを感じることをねらいにして、あおぞら幼稚園では毎年七夕会を行っています。

笹飾りには「~ができるようになりたい」「~になれますように」など、今現在頑張っている過程のことが達成できるようにお願いしたり、将来の夢などが書かれたり… 「おもちゃなど~が欲しい」などのお願い事は無かったところがすてきだなあ…

幼稚園のある九河国際村内には笹があり、年長さくら組の子どもたちが選んだ笹を九河国際村の方にお願いをして切って頂き、園児みんなで飾り付けをしました。短冊は織姫・彦星を花紙や紙テープ等の素材を使って製作しました。

七夕会

七夕会では、七夕についてのお話しを聞いたり、「たなばたさま」を歌ったり、彦星、織姫の物語をペープサートで見たりして楽しみました。

七夕お楽しみ会では年年少ひよこ組と年少もも組は「おおきなたいこ」をアカペラでかわいく歌い、年中ばら組は「きのこ」を元気に歌って踊り、年長さくら組は「ゆめのたね」を合奏しながら歌い、とても楽しく盛り上がりました。見に来ていたママたちからたくさんの拍手を頂き、嬉しそうな子ども達の笑顔が見られました。

七夕会

七夕会

七夕会

家庭ではなかなか体験できないそうめん流しでは、「いっぱい取れたよ!」「おいしい~」と、楽しくてワクワクしている様子でした。お友達やお母さんたち皆で食する嬉しさ、先生が愛情込めて作ったそうめんつゆ、色んな想いが重なって子どもたちは大満足してくれたことと思います。そしてお母さん達にもそうめん流しにチャレンジしてもらいました。「お母さん頑張ってー!」と、子どもたちは一生懸命応援しました。母の会役員さんが作って下さったフルーツゼリーもおいしく頂きました。

七夕会

七夕会

七夕会

七夕会

七夕会

七夕会

みんな嬉しさ、おいしさいっぱいの楽しい七夕会になりました。

父の日親子ふれあい教室

6月の第三日曜日は父の日。お父さんに「ありがとう」の気持ちを伝える日。

あおぞら幼稚園では、各クラスでお父さんについて話し合ったり、お仕事について考えたりしました。そして父の日前日の土曜日に、親子ふれあい教室(父の日参観)を行いました。

全園児が心を込めて描いたパパの似顔絵を体育館に飾り、ちょっとしたギャラリーになりました。パパ達は「へ~・・・」と、わが子の作品に近寄ってニコニコ照れた笑顔でとても嬉しそう・・・
それぞれの作品がパパそっくりなので、ほのぼのしました。そして、この日パパ達がおそろいで着たピンクのTシャツだって、子ども達が一生懸命描いたパパの似顔絵! 見ているとなんだかとっても嬉しくなっちゃう。

「似てる~」「そっくりー」

父の日親子ふれあい教室

パパ達とは一緒に“夢をかなえてドラえもん”“エビカニクス”を元気良く踊ったり、ふれあい遊びをしたり、クラス対抗の競争をしたりして遊びました。
子ども達の満面の笑顔は、すごく嬉しそうで、楽しそうで、力のあるパパにしがみついたり、放り投げられたりして「きゃー!」「もっとやる~」などなど、パパとの時間を肌で触れ合い、嬉しそうでした。パパ達の方はややぐったり気味で・・・日頃の運動不足を後悔している人も・・・?

父の日親子ふれあい教室

父の日親子ふれあい教室

父の日親子ふれあい教室

父の日親子ふれあい教室

父の日親子ふれあい教室

父の日親子ふれあい教室

最後に「すてきなパパ」という歌のプレゼント。我が子が目の前で自分に向けて歌ってくれる姿に「大きくなったなー」と思っているのかな・・・?「いつもありがとう、パパ!」と、大きな腕の中に飛び込んでいく子ども達。みんなが笑顔になった時間でした。

父の日親子ふれあい教室

父の日親子ふれあい教室

体育館の全体活動の後は、それぞれのクラス活動を行いました。

パパが園に来るのを心待ちにしていた年々少&年少組は、ようやく来てくれて嬉しさいっぱい。はちまきで「よーいどん!ひっぱりっこゲーム」をしました。負けて悔し泣きをする子もいましたよ。

父の日親子ふれあい教室

棒を数人づつ持って、ぐるっと回る競争をしたら、チームワークばっちりな子ども達にパパ完敗。まだ小さな子ども達にパパ達は大変そうでした。

父の日親子ふれあい教室

そしてジャスミンクラブでやっている「找朋友(ジャオパンヤオ)」(友達つくろうという意味)という歌を中国で歌い、「パパ大好き」と、挨拶、握手、ぎゅ~をしました。パパは子ども達の成長をかみ締めている様子でした。

年中組は、パパと一緒に二つ製作をしました。一つ目は折り紙で蛙を折る。実は母の日参観ではママと一緒におたまじゃくしを折り、みんなが絵の具で描いた池の壁面に泳がせてあげました。

今回はパパと折った蛙をそこに加え、おたまじゃくしから蛙になったのを表現しました。カタツムリも折ってあったので、一ヶ月かけて完成させ、賑やかになった楽しげなお池の壁面に大満足な子ども達。

「でんでんむし」や「かえるのこ」「おたまじゃくし」を笑顔で歌っていました。もうひとつはダンボールを切り、絵の具で好きな模様を描き、シール折り紙を貼った“マジックハンド”を作りました。パパには割りピンをつけてもらいました。終始笑顔でデレデレなパパと、思いっきり甘える子ども達。

パパと子どもとの、二人の時間を存分に満喫した様子でした。

父の日親子ふれあい教室

父の日親子ふれあい教室

年長組は紙飛行機大会をしました。毎日のように作り方や飛ばし方を研究したり教えあったりして、この日を楽しみにしてきた子ども達。

お父さんと一緒に作った紙飛行機をお互いに「それー!」と飛ばしました。お父さん達も子どもに戻ったように真剣で、とても楽しんでいました。

遠くへ飛ばしてどんどん新記録が出ましたが、天津空港や香港空港をつくり、ねらって飛ばすのも楽しかったね。

父の日親子ふれあい教室

父の日親子ふれあい教室

紙を沢山使いましたが、ゴミにするのではなく、紙は木からできている大切な資源だということ、もう一度別の方法で使えないかを考える良い機会になりました。
ふれあい教室後は「さくらさん、作ってー」と小さなお友達に頼まれ、「まかせて!」と大張り切り。異年齢交流が生まれています。

パパ! お仕事大変かもしれないけど、これからもたまには遊んでね。